就寝前の脚やせマッサージ

食生活における野菜不足や急激なダイエット、
オフィスでの冷房など
現代の女性は多くの人が冷え性で悩んでいると言われています。

常に手足が冷たい状態で、
夏でも仕事中はブランケットを膝にかけているという姿を良く見ます。

冷え性だという人は
体内で血行不良になっていると考えられますので、
肩こりがひどかったりなかなか寝付けなかったりすることがあります。

また上半身はそれほど太っていないのに
下半身だけが太っていると悩んでいる人も少なくありません。

冷え性を改善し脚やせもしたいと考えているのであれば、
手軽に行える就寝前の脚やせマッサージを実践してみてはいかがでしょうか。

まずは右足の膝裏から太ももの付け根までを両手でさすっていきます。

今度は右手と左手を交互に動かしながらさすっていきます。

左足の太ももも同様にさすっていきます。

片足で1分程度行うと
血行不良が改善されていき温かくなってくるでしょう。

またマッサージクリームを使用すると
さらに脚やせ効果が高まります。

続いて両手を使って右足の太ももにあるお肉を
タオルをしぼるように揉みあげていきます。

血行不良の状態が長く続いていると
揉み上げるときに痛みを感じますが、
少し痛みがある程度の力で揉みあげていくことがポイントです。

左足も同様に揉み上げていき、
片足約30秒ずつ行うと良いでしょう。

そして右足のふくらはぎを両手でくるぶしから膝裏までさすっていきます。

少し痛みがある程度の力でさすっていくことがポイントです。

左足も同様に行い、片足約30秒ずつ行うと良いでしょう。

最後に右足首を両手でねじるように揉んでいきます。

左足首も同様にねじっていき、片足10回ずつ行いましょう。

合計5分程度で終わりますので、就寝前の習慣にすると良いでしょう。